Commitment

commitment

倉田のこだわり

卵へのこだわり

卵へのこだわり

生まれたてから雛鳥までの飼育

健康たまご「コスモス卵」を産むニワトリは
生まれた時からエサはもちろん、お水もこだわりを。

FFCテクノロジーを活用した飼育方法

FFCテクノロジー
を活用した飼育方法

ニワトリは1日にエサを約110g食べ、お水を約200g飲んで、約60gのたまごを産みます。
だからこそエサとお水にはこだわる必要があるのです!
健康で丈夫なひなを育てるために、生まれて1日目からFFCのお水を飲ませ、自社で育成しています。 遺伝子組み替えをしていない種子のとうもろこしを使用し、収穫後農薬を使用しない、ポスト ハーベストフリーコーン(PHF)の飼料を与えています。

PHF とうもろこし

大豆油かす

コーングルテンミール

パプリカ抽出処理物

米ぬか

コーングルテンフィード

5つの穀物使用
PHFとうもろこし・マイロ
小麦・大豆・米

ニワトリの飼料

厳選された香ばしい香りがする
ニワトリの飼料です。

ニワトリ

雛鳥から成鶏までの飼育

雛鳥から成鶏までの飼育

良質な卵を生産するために
ひよこの段階が重要です。

良質な卵を生産するためには、ひよこの育て方が重要です。
自社育雛舎で生まれたばかりのひよこを飼料や水、湿度を管理し、
環境をベストな状態で健康に育て、
成鶏舎(親鶏の鶏舎)へ移動して産卵させます。

雛鳥から成鶏までの飼育

出荷までの流れ

STEP1

STEP1

生まれたばかりのひよこを育雛舎で50日間育てます。良質な卵を生産するにはひよこの段階が大変重要なのです。

STEP2

STEP2

生まれて50日経過したら、育雛舎から大雛舎に引越しします。そこで120日まで育てます。卵を産み始めるまで約5ヶ月かかります。

STEP3

STEP3

指定飼料工場より弊社指定の飼料を専用車で毎日運ばれ飼料タンクに移されます。

STEP4

STEP4

快適な環境のウィンドウレス鶏舎の中ではじめは小さな卵から産み始め、だんだん大きくなり、60g~70gの卵を安定的に産むようになります。

STEP5

STEP5

産みたての卵は各鶏舎から毎日バーコンベアに乗って選別工場に運ばれ、ただちに卵殻の洗浄、乾燥をします。

STEP6

STEP6

洗浄された卵はカメラで卵殻のシミなどくチェックし、さらにヒビ卵検出装置や血玉など異常卵検出装置によって不良卵を選別除去していきます

STEP7

STEP7

ひとつひとつ計量された卵はサイズ別に選別されロボットで吸い上げられパックや箱玉トレイに詰められて商品となって出荷しされます。

STEP8

STEP8

新鮮なうちに鶏卵専用トラックで市場に出荷されていきます。

STEP9

STEP9

毎日夕方集配に来てもらい、全国殆ど翌日にはご家庭に届きます。

玉子焼き

お届けまでの流れ

  • STEP1

    新鮮で良質なたまごを農場より厳選

    STEP1
  • 流れ
  • STEP2

    自社加工工場へ

    STEP2 STEP3
  • 流れ
  • STEP3

    厚焼きたまご・茶碗蒸しなど人気商品へと

    各商品の加工工程は商品ページをご覧ください。

    STEP4
  • 流れ
  • STEP4

    パッケージ・梱包作業

    STEP5
  • 流れ
  • STEP5

    配送・お届け

    STEP6

飼料・肥料へのこだわり

肥料・堆肥・飼料へのこだわり

クラタで製造販売する飼料・肥料

生産者ニーズを取り入れ
各農場にふさわしい配合設計

クラタで製造販売する飼料・肥料

生産者ニーズを取り入れ、各農場にふさわしい配合設計により
安心・安全で高品質な卵、肉、色合い等を生産者、弊社、飼料メーカーで
価値の共有を図っています。